大オークション大会

明々社/永松健夫「黄金バット全4巻セット 4巻帯付」

  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
商品画像

商品状態

1巻-表紙回り小イタミ、本文しみ、2巻-本文12cm破れ補修跡

現在価格

2,100,000

開始価格

650,000

あなたの入札額

0

最終支払額

0円 (送料別)

入札件数

4

ウォッチ件数

25

残り時間

終了しました

開始日時

2020/08/01 00:00:00

ライブ開始日時

2020/08/23 21:10:38

商品番号

7002

オークション形式

LIVE大オークション

入札単位 [詳細]

100,000

この商品の入札受付は終了しました

商品説明

【商品番号】7002
【商品名】黄金バット全4巻セット 4巻帯付
【製作者】永松健夫
【メーカー】明々社
【発行年】1947(S22)11.15
【サイズ】B6
【ページ数】96P
【備考】オール2色
【状態】美
【状態詳細】1巻-表紙回り小イタミ、本文しみ、2巻-本文12cm破れ補修跡
【最低落札価格】650,000円

【コメント】
絵物語
1-なぞの巻
2-地底の國、1948(S23)01.20
3-天空の魔城、1948(S23)04.25
4-彗星ロケット、1949(S24)03.20

【永松健夫】
戦前より紙芝居作家として活躍、黄金バットを生み出したのは昭和5年。戦後にも多くの絵物語を執筆・発表した。

【明々社】
少年画報社の前身。当初は自動車教習書や英会話書を発行していた。「黄金バット」のヒットにより昭和23年に雑誌「冒険活劇文庫」を創刊、活劇文庫は後に「少年画報」と誌名を改題し、それに伴って社名も「少年画報社」と変更される。創業から今日に至るまで数々のヒット作を世に生み出し、漫画業界に与えた影響は大きい。

【黄金バット】
明々社が創業直ぐに刊行し、公称30万部を売るヒット作となった作品。戦前に紙芝居で生まれた国産ヒーローの祖、黄金バットが絵物語の形式で新生。今回ご紹介の個体で特筆すべきは4巻が帯付でのこっている点。ヒット作という事もあって現存個体の総数自体はそこそこの印象があるが、帯付き個体の現存は稀。4巻々末に続刊の広告が出ているが実際には発行されていない
関連商品7217

商品の情報

商品(梱包)サイズ
1 mm × 1 mm × 1 mm
重量
1 g

この商品と同じカテゴリの商品