大オークション大会

杉浦茂「ゴジラ」1955(S30)03ふろく

  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
商品画像

商品状態

表紙小はがし跡、ページまわり少シミ・折れ

現在価格

250,000

開始価格

250,000

あなたの入札額

0

最終支払額

0円 (送料別)

入札件数

0

ウォッチ件数

11

残り時間

6日16時間

開始日時

2020/08/01 00:00:00

ライブ開始日時

2020/08/22 21:00:00

商品番号

8401

オークション形式

LIVE大オークション

入札単位 [詳細]

5,000

入札するにはログインしてください。

商品説明

【商品番号】8401
【商品名】ゴジラ
【製作者】杉浦茂
【メーカー】少年クラブ
【発行年】1955(S30)03
【サイズ】89×120
【ページ数】68P
【状態】並上
【状態詳細】表紙小はがし跡、ページまわり少シミ・折れ
【最低落札価格】250,000円

【コメント】
あらゴジラのあたまにのってピストルをうってるわ

昭和30年の杉浦茂は「猿飛佐助」の大ヒットにより仕事も増え、後に代表作となる長編漫画を多数生み出した時期になります。
杉浦版ゴジラが発行されたのは映画公開から三ヶ月後なのでタイアップではなく、同年4月に公開された「ゴジラの逆襲」に向けての掲載だったのでしょうか。
何故、杉浦茂にゴジラ漫画の依頼がきたのか定かではありませんが、空前の大ヒットとなったゴジラを、大人だけではなく子どもまで広く親しまれるようにという東宝側の意向もあって、杉浦茂に白羽の矢が立ったのではないかと思われます。
原作はありますが、漫画の内容は映画のために作られたオリジナルストーリー。
無謀な新吉くん、いつの間にか喋るゴジラ、愉快で呑気なキャラクターたちはまさに杉浦劇場、東宝の狙い通り?子どもが楽しめるゴジラ漫画を描き上げています。
気になる状態ですが、表紙に多少のイタミはあるものの、表紙・背表紙ともにヤケやすい配色のなか色もしっかりと残っており、総じて美本クラスのコンディション。
当然市場には出ない、杉浦茂の別冊付録のなかでは最難関タイトル。
特別感を与える手のひらサイズ、小さいながらもその佇まいはオリジナルでしか出せない圧倒的な存在感を放っています

z98怪獣関連商品

商品の情報

商品(梱包)サイズ
6 mm × 126 mm × 90 mm
重量
24 g

この商品に対する質問

この商品に質問するには、ログインをしてください。
オークション参加権利のある方のみ質問をすることができます

この商品と同じカテゴリの商品