大オークション大会

兎月書房/竹内八郎/初音三郎/武良茂/南竜二/水木しげる/他「妖奇伝全2巻セット」

  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
  • 商品画像
商品画像

商品状態

1巻-糸綴じ跡、カバー小イタミ、背弱、見返しイタミ、本文しみ破れ小欠け・小ラクガキ、2巻-貸本糸綴じ、カバーイタミ(しみ・破れ・小欠け)、表紙回りイタミ(折れ・しみ・小欠け)、本文しみ破れ小欠け・テープ補修

現在価格

1,850,000

開始価格

1,800,000

あなたの入札額

0

最終支払額

0円 (送料別)

入札件数

3

ウォッチ件数

29

残り時間

終了しました

開始日時

2020/10/15 00:00:00

ライブ開始日時

2020/11/07 21:00:26

商品番号

1101

オークション形式

LIVE大オークション

入札単位 [詳細]

50,000

この商品の入札受付は終了しました

商品説明

【商品番号】1101
【商品名】妖奇伝全2巻セット
【製作者】竹内八郎/初音三郎/武良茂/南竜二/水木しげる/他
【メーカー】兎月書房
【サイズ】A5
【ページ数】?176、?180P
【状態】並
【状態詳細】1巻-糸綴じ跡、カバー小イタミ、背弱、見返しイタミ、本文しみ破れ小欠け・小ラクガキ、2巻-貸本糸綴じ、カバーイタミ(しみ・破れ・小欠け)、表紙回りイタミ(折れ・しみ・小欠け)、本文しみ破れ小欠け・テープ補修
【最低落札価格】1,800,000円

【コメント】
1巻-水木しげる「幽霊一家」/伊藤正樹「呪の地獄沼」/瓦町三郎「殺した女」/初音三郎「明治怪猫伝」/武良茂「妖怪教室」
2巻-水木しげる「幽霊一家 墓場の鬼太郎」/竹内八郎「獣眼」/西正彦「毒皿」/南竜二「妖怪蜘蛛の巣城」

最初に貸本マンガとして鬼太郎が描かれたのは1959年兎月書房発行の貸本短編誌『妖奇伝』においてである。
この『妖奇伝』は一般にはまったく受けず第二号で廃刊となるが兎月書房社長へ宛てた熱心な鬼太郎ファンによる手紙により、『妖奇伝』は『墓場鬼太郎』と誌名を変え復活し、水木は『墓場鬼太郎』第三号まで毎号鬼太郎作品を発表する。『墓場鬼太郎』第三号に鬼太郎シリーズ5作目「あう時はいつも死人」を発表した後は原稿料の支払いをめぐった兎月との関係悪化により、発表の場を後に青林堂を興し、『月刊漫画ガロ』を作った長井勝一が経営していた三洋社へ移す。三洋社では『鬼太郎夜話』シリーズ全4作を発表した。
『妖奇伝』第一号に発表の「幽霊一家」から『鬼太郎夜話』第四話「顔の中の敵」までは一連の物語となっている。
『鬼太郎夜話』の後は読み切り作品が兎月書房から2作(『怪奇一番勝負』、『霧の中のジョニー』)、佐藤プロから3作(『おかしな奴』、『ボクは新入生』、『アホな男』)、東考社から1作(『ないしょの話』)発表された。
「ゲゲゲの鬼太郎」の原点ともいうべき水木しげるによる貸本マンガ時代の鬼太郎作品、『妖奇伝』2冊、兎月書房『墓場鬼太郎』3冊、三洋社『鬼太郎夜話』4冊、『怪奇一番勝負』、『霧の中のジョニー』、『おかしな奴』、『ボクは新入生』、『アホな男』、『ないしょの話』の全15冊をまとめてご紹介いたします

z100妖怪特集
z100水木しげる

商品の情報

商品(梱包)サイズ
50 mm × 150 mm × 210 mm
重量
600 g

この商品と同じカテゴリの商品